DHCリバイタライジングブースターセラム2人口コミと実践している3つのこと!

DHCリバイタライジングブースターセラムなら、

  • 導入効果と美容液効果/
  • Wの働きで肌力を底上げ!

肌が変わった!そのきっかけが導入美容液

一番の目玉は、画期的な導入効果を叶える「ナノキューブ」です。

<肌にトンネルを作るナノキューブとは?>

細胞間脂質の構造を一時的に変化させて、美容成分などを角層の奥へと届けるトンネルの役割をするとされ、ブースト効果が期待されます。

塗布してから約15分間、肌に影響し、その後は元通りの形状に戻り、うるおいを閉じ込める効果があります。


塗布後約15分間、有効構成分が角層まで浸透するトンネルを形成するという成分です。

さらに活性酸素を除去するSOD、抗糖化の皮脂エキス、抗酸化のホワイトジェネピエキスなど、エイジングケア成分を贅沢に配合しています。

導入ケアとエイジングケア。
本来ならどちらも独立してアピールできるほどの素晴らしい効果が、この1本に集約されています。

そんな高機能導入美容液だからこそ、感度の高い女性が使い始めてきました。

ほかにも美容液として使いやすいテクスチャー
続けやすい価格帯。

ほかにも条件が揃い、導入美容液を初めて継続できました、という口コミも多いです。

最小限のケアで、肌が持っている力をもっと底上げしたい!

そんなワガママな願いを持っている女性にこと使って欲しい逸品です。

DHCリバイタライジング ブースターセラム

DHCリバイタライジング ブースターセラム
価格:3,700円

売上本数24万本以上!
美容成分を奥まで入れ込む導入美容液

ナノキューブが細胞間脂質に働き、美容成分を肌に引き込みます。
また抗酸化、抗糖化、セラミドなど7種類の美容成分を配合し、エイジングケアにもアプローチ。

1本で2役!!

DHCのリバイタライジングブースターセラム42歳Cさん口コミ

効果が目に見えるから、使い続けられる!

スキンケアは、「やらなきゃ」という義務感ではなく、自然と使いたくなる気持ちになるものを選んでいます。

今までブースターを使わなかったのは、前向きな気持ちになれなかったから・・・。

そんな私に転機をくれたのがDHCのリバイタライジングブースターセラムです。

1.軽いテクスチャー
2.1本で導入とエイジングケアのWの効果
3.翌日からわかるハリ感

この3つが毎日欠かさず使い続けられる理由です。

使用から1ヶ月以上たちますが、プラスしたのは、この1本だけなのに、明らかに肌が違う!

ハリのある潤い肌に、毎日会える幸せを実感しています。

うるおい美活を求めるために実践している3つの事

1
食事以外の時間は、できるかぎりバランスボールに乗る

スキンケアもメイクもバランスボールにのっています。

これを習慣化して、エクササイズも3日坊主ではなく、続けることが大切です。

だから、「ながら」時間を見つけています。


2
睡眠はキレイを作る時間だから「リネン」にこだわりを

寝心地の良いコットン素材のリネンやパジャマを愛用しています。

キレイを育てる時間である睡眠は、何よりも大切です。

リネン類は、毎日取り替えるようにして、寝心地だけでなく、心からリラックスできる空間作りを意識しています。


3
洗顔後は水分をティッシュオフ。肌はこすりません!

昔はゴシゴシ洗いもしていたと思いますが、今はなるべく肌をいわたるようにしています。

洗顔後、肌に残った水分はティッシュオフして、こすらないように。

肌にやさしく触れることで自分を丁寧に扱う気持ちが生まれ、その後のスキンケアの効果にも差が。


DHCのリバイタライジングブースターセラム43歳Kさん口コミ

スキンケアの常識を覆す、新発想のブースターに夢中です。

細胞の隙間を縫う、という独自の浸透技術に感動です。

今まで、ブースターって、肌表面の角質ケアをイメージしていました。

でも、この導入美容液は、細胞間脂質に作用し、美容成分の通り道をつくるという画期的な理論です。

ビックリですよね。

ナノキューブを採用したり、セラミドをリポソーム化するなど、肌に負担なく、成分を奥に届ける機能に特化しちえるところも気に入っています。

最近、睡眠時間がいつもより短いのですが、いつもは肌がごわつくのに、このリバイタライジングブースターセラムを使ってからはその感覚がないんです。

私のように皮膚が薄いタイプでも使い続けられるアイテムだと実感しています。

うるおい美活を求めるために実践している3つの事

1
なまけマッサージでスキンケアしながら巡りのいい肌に

スキンケアアイテムを肌に伸ばすときは、すべて「なまけマッサージ」をしています。

もともとなまけ症なので・・・

どうせスキンケアするなら、一石二鳥にしたい!
ということで、今も続けています。

以前と比べて、肌の不調は減ったような気がします。


<なまけマッサージとは>
1.頬の筋肉に沿って、クルクルとななめ上に引き上げながら、スキンケアアイテムを伸ばしていきます。

2.おでこの中心で指をクロスさせてから、こめかみまで、リンパを流しながらなじませます。

3.目の上を薬指で内→外へ流す。
目の下は外→内へ流していきむくみをケアします。


2
車、電車を使わずなるべく歩いて代謝を上げる

代謝が悪いと肌がくすみ、透明感をキープできまsねん。

運動は日常で行う

と考えるようになり、一駅くらいならなるべく歩き、駅など建物内では階段を使うようにしています。

オフィスもたまには階段を使っています。


3
導入美容液で自分の肌力を最大限に高める!

DHCリバイタライジングブースターセラムは、ポンプ式で使いやすく、導入&美容液のWの効果があるトコロがお気に入り。

これ1本で何役もこなしてくれるので、なまけグセのある私にピッタリ。

いつものスキンケアにも無理なく組み込めました。


<合わせて読まれている記事>
【5分野評価】DHCリバイタライジングブースターセラム3人口コミと使い方

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする