肌のハリを取り戻すにはハリ対策美容液!エストアドバンスドエッセンス

肌のハリ

ハリって何?

って思いませんか?

ハリの真実をしっかり知り、その対策を知る。

そうすることで、肌のハリを取り戻すことができます。

あなたの肌は、

  • 指で押した時、凹んだ部分はすぐに元に戻る?
  • 凹んだ部分の面積が以前より大きくなっていない?
  • 元に戻るスピードはかなり遅い?

それは、ハリが徐々に失われつつあるサインです・・・

肌にとって大切なあh理を守るため、取り戻すためにできることとは・・・

紫外線カットや保湿ケアも大切だけど、もっとダイレクトで積極的なハリ対策のためにも、あなたの知らない「ハリ」の真実を届けます。

ハリの真実!3つの知っておくべきポイント

1
ハリの存在を知らないあなた!!肌の中、ここが「ハリ」です

肌の中でハリを司るのは、表面の薄い角層、そして基底膜をはさみ、その下に位置する真皮と呼ばれる部分です。

この真皮はコラーゲン線維とエラスチン線維が主な成分で、他にヒアルロン酸などで構成されています。

ベッドにたとえると、厚みを持ち、形づくるマットにあたるのがコラーゲン線維です。

そのマットを支え、変形したマットを元に押し戻すスプリングの役割をしているのがエラスチン線維です。

肌の奥に存在するのがコラーゲンとエラスチン、この2つの線維こそがハリの正体です。


2
コラーゲン35人に対して、それを支えるエラスチンは、1人!

真皮のコラーゲンとエラスチンの割合は、

コラーゲン70%:エラスチン2%

です。

ハリを保つには量の多いコラーゲンにアプローチするほうが、効率が良いのでは?

と思うかもしれませんが、間違いです。

というのも、コラーゲンよりエラスチンのほうが加齢や紫外線による変化が大きいからです。

たった2%しかないエラスチンがコラーゲンを支え、弾力とかなめとなっています。

ハリを保つためには、コラーゲンだけでなく、エラスチンへのアプローチも忘れてはいけません。


ボエラスチンの働き

エラスチンは、「チーム弾力」を支える縁の下の力持ちの存在。

つまりコラーゲンだけをケアしていても、それを支えるエラスチンが弱まってしまったら意味がありません。

巷では、コラーゲンばかりが注目されていますが、35人のコラーゲンを支えているのは、1人のエラスチンを忘れてはいけません。


3
コメペプチドがエラスチン線維をふやす!?

肌の弾力を保つために重要なものでありながら、コラーゲンに比べ、あまり研究が進んでいないのが、「エラスチン」でした。

そんな中、コメペプチド抽出液に、エラスチン線維を分解する酵素エラスターゼの活性を抑える働きに加え、加齢で減っていくエラスチン線維の産出量を増やす働きがある、と確認されたと言われています。

しかもこのコメペプチド抽出液はコラーゲン線維の産出量も増やすということから、正にハリ肌キープには頼もしい成分です。


◯酵素エラスターゼは、エラスターゼ線維が好き

元気なエラスターゼは、エラスチン線維をパクっと切ってしまいます・・・

◯コメペプチドは、エラスチンの開いた口にちょうど良い形

エラスチン線維を切ろうとする酵素エラスターゼにちょうど良い形なので、切ろうとしても切れません。

分解されにくく、保たれます。

ハリケアは、すぐ結果が出るものではない!未来への投資と割り切ることも

真皮のケアは長いスパンで取り組むことが重要です。

肌のハリを戻したい

でも、これは、1日、ましてや1週間で戻るものではありません。

そして、ハリと言うと、コラーゲン、となりますが、エラスチンも大事です。

表皮は、約1ヶ月で生まれ変わります。

これが、一般に言われているターンオーバーです。

でも、コラーゲンやエラスチンのある真皮は、分解と再生のペースが遅いです。

なので、ハリを戻したいなら、表皮はもちろんのこと、真皮にもケアしなければいけませんし、真皮は1ヶ月では結果が出ない、ということです。

後悔しないためにも、表皮ではなく、真皮のケアをスタートすることが大事です。

ハリ対策美容液!エストのアドバンスドエッセンスリフトサポート

花王からついに、皮膚科学の研究成果を結集した高級ブランド「エスト」で美容液が出ました。

ハリを高めるペプチドを新配合し、高浸透技術で、肌奥までしっかり届きます。

◯エスト アドバンスド エッセンスリフトサポート
30ml 7,800円

エスト アドバンスド エッセンスリフトサポート

つけた瞬間のなじみの良さとなめらかなつけ心地は感動的

コクがありつつもみずみずしい感触でつけた瞬間、スーッとのびて肌になじみ、なめらかなつけ心地です。

なじんだ後はまるでうるおいのベールに包まれているかのように、なめらかですべすべの肌触りです。

使うたびに肌深くまで速攻浸透し、ふっくらとうるおった弾むおゆなハリ肌に。

今すぐ使い始めたい美容液です。

エストは、公式サイトのオンラインショッピングがないので、購入は、LOHACOになります。
アドバンスドエッセンスを見る
※Tポイントが溜まります。

ハリ肌に導く、エスト2つのポイント

1
ハリ付与技術:さらにハリを高めるコメペプチドを配合

従来からのハリ付与成分ショウキョウエキスとマロニエエキスに加えて、さらにハリを高めるコメペプチドを新配合。

150種以上の植物エキスをひとつひとつ検証してたどりついたエストの新成分です。

<トリプルリペアエキス>
・コメペプチド
・マロニエエキス
・ショウキョウエキス

2
高浸透技術:肌深くまで速攻浸透!

通常、角層は外部からの異物の侵入を防ぐ機能があるため、成分を深くまで浸透させにくいです。

花王独自の「高浸透技術」は、角層細胞の間の浸透ルートを広げ、ケア成分を角層のすみずみまで行き渡らせます。

うるおいに満たされたふっくらハリ肌に。

エスト アドバンスドリフトサポートで実感した2人の口コミ

-42歳 大野さん-

使って驚いたのは、ぷりっとしたなめらかな肌触り。

とくに鏡に横顔を映したときに「あれ、いい感じ?」とうれしくなって、毎日使い続けたくなりました。

気持ちまで上向きになるような手応えは、使い続けるのが楽しみになります。

-38歳 平田さん-

まず肌にスルスルなじむベタつかないテクスチャーが私好みです。

肌表面には何も残った感覚がないのに、つけた瞬間、もっちりと弾むような肌感触にもビックリ。
エストは、公式サイトのオンラインショッピングがないので、購入は、LOHACOになります。
アドバンスドエッセンスを見る
※Tポイントが溜まります。

ハリ艶印象のクリームファンデ

ハリ感が戻るまでは、ファンデで調整

それも一つの方法です。

ハリ感とツヤ感はすぐには戻らないので。

ハリ艶印象が出る易しめのクリームファンデなら使いやすくて、つけ心地も美容液みたいな感じです。

それが、エストの「クリームファンデーション エッセンスモイスト」です。


◯クリームファンデーション エッセンスモイスト
SPF25 PA++ 全6色
30g 5,500円

エストクリームファンデーション エッセンスモイスト

しっとりしたテクスチャーで、カサつく肌にもなめらかにフィット。
クリームファンデーションを見る
※エストは、公式ショッピングサイトがないため、エスト公認のLOHACOになります。
※Tポイントが溜まります。


高い密着力で、伸縮性を持つ処方でうるおい感のある仕上がりに!

うるおい感のある仕上がりはもちろん、持続力も欲しい!

そんな願いに応えてくれるのがエストのファンデーションです。

新しいエストのクリームファンデーションは、肌の凹凸にもなめらかに、均一に密着するスキンシンクロフィルム処方を採用。

伸縮性の高い膜が表情の動きに対応するから、ヨレにくく、かつなめらかなツヤ感が表情と連動し、仕上がりがとにかく自然です。

このツヤ感こそがハリ肌印象に見せるカギです。

この仕上がりの美しさはちょとした事件に感じるかも!

「ハリ」艶印象を演習するエスト、2つのポイントとは

1
うるおい感のある仕上がり

美容液成分(保湿)を抱え込んだスキンシンクロフィルム処方で、なめらかな化粧膜を形成。

表情に沿って伸縮するので肌が動いても光の乱反射を防いで、うるおい感のあるハリ肌印象の仕上がりに。

ベースにはヒアルロン酸を従来品に比べて20倍配合。

カサつく肌にもしっとりなじんでうるおい感アップ。


2
くずれにくい!くずれにくい!

皮脂を抱え込んで固め、肌の上に皮脂が広がるのを防ぐ、皮脂個化粉体を配合。

皮脂くずれによるくすみを防止します。

また皮脂と混ざりあっても変色せず、明るく透過性が高い特徴をもつピュアホワイトパウダーを新配合。

くずれとくすみをダブルで防ぎ、つけたての美しい仕上がりが長時間持続します。

エストクリームファンデーションを使った本音口コミ

-28歳 高橋さん-

すごくのびが良いので、米粒大で顔全部がカバーできます。

指でスーーーッとのばして塗っても良いと思いますし、スポンジを使ってもOK。

どちらでも簡単に仕上がりました。

上品でセミマットな仕上がりの中にもツヤ感を感じます。

せっかくの艶感を消さないよう、フェイスパウダーは目の下以外は、軽めにのせるようにしていました。
クリームファンデーションを見る
※エストは、公式ショッピングサイトがないため、エスト公認のLOHACOになります。
※Tポイントが溜まります。

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする