DHCスーパーコラーゲンが他のコラーゲンと違う理由!

コラーゲン
オトナの女性の肌に最も身近で定番の成分

と言えば、

コラーゲン

でしょね。

そのコラーゲンが、スーパーに進化したとすれば・・・

なんだか、アニメのような話ですよね。

コラーゲンは、今と昔で大きく進化しています。

スキンケアの定番成分となり、肌に良いイメージも浸透していますよね。

でも、意外にもコラーゲンの働きや、欠点、進化について、あまり知らないひとも。

エイジングケアには、コラーゲンは必須です。

今一度コラーゲンを知って、エイジング戦略を見直してみる機会かも。

昔と今のコラーゲンを比較!!浸透性と純度に違いがある

コラーゲンを真皮層へ届けて再生させる、第4世代のコラーゲンが登場

肌の深くには、ハリと弾力を生み出す真皮層があり、その約7割りは、コラーゲンです。

コラーゲンは、そこで網目状にハリ巡り、肌全体をしっかり支えています。

けれども、悲しいかな・・・

コラーゲンは加齢や紫外線の影響で、劣化、減少します。

シワやたるみといったエイジングサインが表れるのも、コラーゲンに原因があります。

そんな肌運命を大きく左右するコラーゲンですが、肌内部で再生させることができれば、大きく変わります。

そのために、スキンケアでしっかりとコラーゲンを補い、真皮層まで届けること。

しかし、これまでのコラーゲンは、分子量が大きく、真皮層へまったく浸透していなかったことがDHCの研究で明らかになっています。

そこで、誕生したのが、浸透性と純度を圧倒的に進化させた「DHCスーパーコラーゲン」です。

真皮層まで到達し、再生活動をそこあげます。

◯進化1:浸透性

昔のコラーゲン:肌表面を潤し、一時的にハリを与える

コラーゲンはもともと、分子が数珠のようにつらなった成分です。

進化を繰り返しても、肌に浸透する程の分子量には至りませんでした。

しかし、まったく無意味ではありません。

保湿力と吸着性に優れた一面を生かして肌表面の水分量をアップさせることでハリ、弾力を高めていました。

<真皮層のコラーゲン量をいかに多く保てるかが勝負!>

肌に備わるコラーゲンの再生・修復機能は、20歳ころをピークに衰えていきます。

今のコラーゲン:真皮層まで浸透。コラーゲン生成を積極的にサポート!

先端成分「DHCスーパーコラーゲン」の分子量は、世界最小クラスです。

肌への浸透が期待される分子量よりもずっと小さく、真皮層まで到達します。

そして、浸透後は新しいコラーゲンを肌内部で生み出す機能をバックアップします。

年齢を重ねても、エイジングサインが表れにくい肌を目指せます。

◯進化2:純度

昔のコラーゲン:純度1.36%。コラーゲンの再生効果はほぼなし

コラーゲンの構成は、約1,450個のアルファベットで表せます。
その中でも、新しいコラーゲンを生み出す力を持っているのは、数少ないです。

これまでのコラーゲンは、新しいコラーゲンを十分に再生させる力が及びませんでした。

今のコラーゲン:再生効果のある部分だけで構成。純度100%を実現

コラーゲンの中でも再生機能を持つ部分だけで構成されているのが、「DHCスーパーコラーゲン」の特徴です。

ムダなものがいっさいない。

なので、肌への優しさ。

乾燥してデリケートに傾いた肌でも不安なく使え、ハリ、艶、弾力とともに肌のバリア機能も高めます。
スーパーコラーゲンコスメを見る

コラーゲンの歴史と進化!今は第4世代

◯第1世代:コラーゲン
(ゼラチンを含むコラーゲンたんぱく)

3種らせん構造のコラーゲンが絡み合い、高分子です。

肌に良いイメージのみありました。

◯第2世代:水溶性コラーゲン

3種らせん構造はそのままで、ほぐしただけの高分子状態。

肌には浸透しない。

◯第3世代:コラーゲンペプチド
(加水分解コラーゲン)

分子量はかなり地作なったものの、この段階でも肌には浸透していません。

純度はたったの1.36%です。

◯第4世代:スーパーコラーゲン

低分子化が進み、角層はもちろん、真皮層まで浸透するように。
コラーゲンの再生機能を持つ部分だけで構成され、純度100%を実現!

浸透するコラーゲン!スーパーコラーゲンのココが違う!

保湿ジェル

使うたび、まだまだキレイになれそうな手応えを実感

肌コラーゲンを再生・修復する力を高めるには、毎日のスキンケアでコラーゲンを補うことが大切です。

しかし、それは、スキンケアに配合されているコラーゲンがしっかりと真皮層まで届く必要があります。

DHCによると、過去のコラーゲンでは難しかった・・・

と言うのが正直な話のようです。

そこで、DHCは、真皮層まで届いて、肌コラーゲンを再生させる独自成分「DHCスーパーコラーゲン」を開発。

こだわったのは、分子量の小ささと、純度の高さの2つです。

その結果、あkんそうしてデリケートに傾いた肌にも使えるといったメリットも。

コラーゲンペプチドを乗客に!例えて解説

乗客:コラーゲンペプチド
改札:角層
駅構内:肌内部

◯今までのコラーゲン

手を繋いだままだでは肌の中に入れない・・・

たくさんの人が手をつないだ状態に似ていて分子量が大きく、0.2mm厚の角層を通り抜けることさえ難しかった。

◯DHCスーパーコラーゲン

1人ずつ肌の中に入ることができる

世界最小クラスの分子量に進化!

角層をスムーズに通り受けて、真皮層まで浸透します。

浸透するスーパーコラーゲン3つのポイント

1
極低分子

世界最小クラスサイズで真皮層まで浸透!

たくさんの人が手を繋いだままでは、改札を通ることができません。

これまでのコラーゲンはまさに、その状態です。
一方、世界最小クラスタサイズを実現した「DHCスーパーコラーゲン」は、人が手を繋いでいない状態です。

角層をするりと通り抜けて真皮層まで到達することに成功しました。


2
超浸透力

真皮層まで浸透し、コラーゲンの再生に成功

DHCは、約9年前に「DHCスーパーコラーゲン」の開発に着手し、特許を取得しました。

真皮層まで到達し肌コラーゲンを再生させるコラーゲンは、世界でこの「DHCスーパーコラーゲン」のみです。


3
高純度

純度100%を実現。
肌に優しく効率よくコラーゲンを補給できます

肌コラーゲンを再生させるには、「有効成分」を真皮層へ届けることが重要です。

そのため、配合されているのはコラーゲンの中でも肌に有効な成分のみです。

ムダなものがいっさい含まれていないため、肌質を問わず不安なく使えます。

また、1日に使う回数が増えるほど、ハリ・ツヤアップを実感するのも特徴でうs.

お手入れを続けるのが、楽しみになります。


スーパーコラーゲンコスメを見る

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする